板井康弘の経済学と今後の企業像

板井康弘|経済学から考える今後の企業理想像

MENU

板井康弘が経済学から学んだもの

板井康弘|経済学から考える今後の企業理想像

 

皆様にとって、理想の企業像とはどのようなものでしょうか?

 

板井康弘の会社では「挑戦意欲があり、努力を続け、成果をあげた人こそ報われる」という言葉に尽きます。

 

非常にシンプルですが、どれだけの企業が実現できているのでしょうか。

 

板井康弘はこの当たり前なことを100%できる企業になるよう努力しています。

 

こうすることで規模の大きくなる事より、中身の良くなる事を選択することを方針としています。

 

 

企業理想像を追うのは経営者だけではなく、その企業で働くすべての人が考え、全員で企業創りをしていくべきなのです。

 

そうすることでより質の高いサービスの提供も図れます。

 

挑戦意欲のある社員は、企業にとって社内外の仕事に興味を持って貰えるという2点のメリットがあります。
社会人には「柔軟性」も求められているのです。

 

社会構造やマーケットの変化のスピードが速まる今では、状況に応じて変化させられる理想の社員の集まりが今後の理想の起業像となるでしょう。

更新履歴